レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

 



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:20191208

今日はなんとなく思った事を書きますね

何があったという特別な理由はないんだけど、
そんな時ってあるよね!?

父がコアリズム始めるらしいから
便乗して、ストレス発散でもしよっかなー。

足首も気になる事だし、室内なら曇天でも
なんでも関係なく、暑いも寒いもないし。

玄米珈琲を飲んで!とか、
オヤツはダイエットゼリー ライチ味にして!!
まで意気込まないとしても。

というのもクレーン運転士の勉強をしていた友人が体調を
崩して、仕事を辞めることになって・・・。

「これで勉強に身が入るようになった」とは言っていたけど、
大阪で会ってご飯を前食べた時に、
頑張りすぎもよくないのと、ストレスは絶対だめ!って。

なんか病気の原因の90%くらいがストレスとか聞いて、
見えない力って凄いんだなって思った。

というより、人間メンタルがすごーく大切なんだよね、きっと。

年に一度はスリランカへとか、海外好きだった人も、
この不景気であんまり行ってないみたいだし、そうなれば、
自然にストレスもたまるよね。

僕は無縁の人だけど。

ただ晩に仕事が終わるかどうか・・・とか時間に
対しては、わからなくなってきているのはたしか。

残業も増えているし。

3日どこか行こうと思っても、急な残業があるから、
予定が立たなくて、遊びに行く機会も減ってるし。

ストレスを僕は感じないタイプだけど、いつか友人の
ように感じる日がくるのかな・・・とも思うし、体が危険信号
送るのかもね。

と思えば、ストレスの発散法を作っておかねば・・・と思う
今日この頃でした。

どんとはれ

ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう