レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 



レーシックの前には適性検査ブログ:20191129

誰でもできる簡単ダイエットとして
一時期話題になった朝方バナナダイエットですが…
落とし穴があるって知ってましたか?

朝方バナナダイエットは
多くの人が実践しているようですが、
成功した人もいれば、失敗したという人もいます。

朝方バナナダイエットで失敗した人は、
落とし穴をちゃんと理解していなかったんだと思います。

簡単で安上がりな朝方バナナダイエットの
落とし穴といわれているのが、バナナに飽きちゃうという点です。

実際、
朝方バナナダイエットを実践した人ならわかると思いますが、
連日朝方バナナを食べ続けるのって、
意外と苦痛なんですよね。

そうなるとだんだんバナナを食べなくなって、
ダイエットを挫折してしまうという結果に…

もう一つの朝方バナナダイエットの落とし穴は…
バナナってウエストの持ちが良い感じもするんですけど、
実際は消化が早いので、
すぐにウエストがすいてしまうという点です。

朝方バナナと水だけだと、昼食まで持たないので、
意思が弱い人なんかは、つい間食をしてしまうなんていうことに…
そうなるとせっかくのダイエット効果も
台無しになってしまいます。

もし空腹を我慢できてもストレスとなってしまい、
反動でお昼に食べ過ぎちゃうなんて事にもなりかねません。
これこそが、朝方バナナダイエットの落とし穴といえますね。

やっぱりいくら簡単でも、
同じ食品を食べ続けるご飯制限のダイエットって、
継続することが難しいという落とし穴がつきもののようです。

よほど強い意志を持って取り組まないと、
朝方バナナダイエットで成功できないかもしれませんね。


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう