レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 



レーシックの前には適性検査ブログ:20190614

減量を始めたばかりって
とっても大事だと思います。

スタートが上手くいくかどうかが
減量成功・失敗の分かれ目だといっても
過言ではないと思うんですよね。

上手くスタートするための手段の一つとして、
食べたものをメモするという方法があります

できれば常に持ち歩くようなもの…
手帳みたいなものに書くといいですね。

例えば…
7時食
菓子パン・サラダ・フルーツジュース・
…みたいな感じで

これを実践することのメリットは2つあります。

まず一つ目は、
足りない栄養素を把握することができる点です。

別に栄養素といっても大げさではないですよ。

あっ、今日は野菜とってない!
なんかお肉ばかりの食事だな…みたいに
感覚的な感じで全然OK!

大雑把でも意識して食事をとると
ばっちり減量効果がありますよ!

減量に必要なものは
たくさんあると思いますが、
やっぱりどれをとっても
バランスを一番気をつけなきゃいけませんからね。

意識するのも一つの減量法、
そう思えばやる気も出ますよね。

二つ目のメリットは食べすぎの防止です。

例えば、
7時・14時の食事のメモをみたら両方とも
デザートで甘いものを食べていたことが判明!
さすがに焦りますよね…

こんなふうにメモをとっていれば
食べすぎなどの防止につながります。

なので、
減量を始めたら
本当に簡単なメモでいいので
食事を記録するようにしましょう!

これも日々書き続ければ、
「継続は力なり」で、
ちゃんと減量の為のステップにつながります。

メモを書く癖をつければ、
難なく、自分の肉体の事が把握できるようになりますよ!





ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう