レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 



レーシックの前には適性検査ブログ:20190404

ぐっどいぶにんぐー

おとといから、ついにはじめましたよー!!

JOBAとダイエットシェイク。

これでダメなら、友達オススメのボノラートも
はじめちゃおっかなーと思ってます♪


彼があん摩マッサージ指圧師の勉強を始める!って言ってたので、
あたくしもダイエット☆

来年はバヌアツに行こうって話があるから、
お互い目標達成したご褒美になる予定。

節約しながら、貯金もできるしねー。

あ、でも水族館に行ったり、おでかけはたまにするつもり。

きちんとストレス発散して、リラーックスしないとね♪

とはいっても、肩コリ体操とかでも、ストレス発散になるとは
思うけどね。

ダイエットというよりも、健康を気になる年頃になったのかも(笑)

脂がっつりラーメンとか大好きだったのに、食べ物の趣味が少しずつ
変わってきたり、いろいろと10代、20代・・・と変わってくるもんだよね。

若くいたいと思ってもさ、足首が・・・と体に無理がかかった
瞬間がわかるのが寂しい時もあったりするしね。


パパさんに言ったら、笑われちゃったけど、これが現実問題
だったりするわけで・・・。

水族館でも、その場は楽しくても、後でドップリ疲れている
自分がいたり。

休みはついついゆっくりしようと思ったり。

ま、でも、楽しいのが一番♪

元々あたくしの仕事は不規則だから、決まった時間にあれこれ
するのが難しいと思うし。

それならそれで、無理なく始めれるものからはじめていかないとねー。

何も先には進まないっていうのが、正直なところかもしれないね。


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう