レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 



レーシックの前には適性検査ブログ:20190915

太っている人には、ある共通点があるみたいです。
それは「からだを動かさない習慣」です。

自転車、自動車、エレベーター、エスカレーターなど、
便利な道具が増えました。
その便利さに甘んじて、ついつい頼りがちになり、
楽なほうへと偏ってしまう…

そして、気がつけば
「からだを動かさない習慣」が当たり前になっています。

人によっては、歩いていけるコンビニさえも、
バイクや自転車を使う人がいるというのですから驚きです。

シェイプアップがなかなか上手くいかないという人は、
太りやすい体質が原因なのではなく、
からだを動かさない生活習慣こそ、真の原因だと思います。

できるだけ動きたくないというだらしのない気持ちが、
如実に体形に表れているのでは?
かくいうわしもそうだったんですが…

シェイプアップをしているみなさんはいかがでしょうか?

便利な道具に囲まれている生活のため、
いつの間にか「からだを動かさない習慣」が
当たり前になっていませんか。

シェイプアップで
変えるべきなのは「食生活」だけではなく
「トレーニング習慣」もなんですよね。

あえて便利な道具は使わず、
積極的にからだを動かす習慣へと変えましょう!

例えば…
階段を使うのを当たり前にしてみましょう。
ひとつ上の階や下の階くらいであれば、階段を使うようにします。

買い物に行くときには
「自動車」ではなく「自転車」を使います。
そうすれば、からだを動かす機会が増えますね。

歩いていける距離であれば、
散歩をしながら買い物をするのを習慣にします。

「からだを動かさない習慣」を当たり前にするのではなく、
「からだを動かす習慣」を当たり前にしましょう!


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう